西(姉妹)

 妹は、ついに故郷に帰れなかった。
 樹木の間から、ウメは西の空を仰いだ。
「五人きょうだいでのこったのはワシひとりか」
 報せを受けたのは、告別式が済んで七日後のことだった。団地の自治会が執りおこなってくれたらしい。遺品整理の際にウメの住所が判ったそうだ。
「最期まで身寄りがないと思われとったんか。かわいそうになあ。だがワシも、そんな遠くまでよういけん。ここでかんべんしてくれ」
 するとその呼びかけに応えるよう、手前の山の斜面から一条の靄が立ちのぼった。
「そうか、帰ってきとったか」ウメは合わせかけた手をおろし、笹薮を分けながら峪側に歩みでた。「そら、気がつかんで悪かった」

 ざっと何かがすべる音と同時にキジが飛んだ。笹原に呑まれたみたいにウメの姿は見えなくなった。
 もう一条の靄が、峪間を去って同じ雲にまぎれた。

画像

(平谷村, Olympus-S, G.Zuiko 4.2cm F1.8, 1010.65MB/1024MB)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年10月04日 22:02
中納言さま復活ですね。新居は中納言さまの庵ですか?楽しみです。
2012年10月04日 22:33
さくさん、再今晩は"^_^"

先に書かれちゃったみたいでどうも(^^ゞ

なぞのひとさんの謎めいた言葉と言い
西(姉妹)の内容と言い、西の方角から
再び光が差し込んで\(^o^)/かな(^_^;)

やっぱりさくさんは、際だった才の
持ち主だったー(゜o゜)
2012年10月05日 22:09
なぞのひとさん
ひゃー、その名をおっしゃっていただくとこっぱずかしいです。
まったくパソ通時代からの引き摺りで、すでに時効だと思ってくださいな。
2012年10月05日 22:14
ようこさん
才ならいいのですが、賽を投げるような日々が精一杯。
しがない会社のしがない中間管理職、夢ある頃に戻りたいです。
2012年10月06日 00:13
・・・・ナニヤラ置いてかれちゃってる感満載ですが(笑)
すぅ~~っとその世界に引きずり込まれるような物語とお写真です。
2012年10月07日 15:48
Canさん
ありがとうございます。
ちょっと明るくないお話がつづきますけど、よろしくお付き合いください。

この記事へのトラックバック