テーマ:写真

最(生きてるだけで)

 時枝はよく夢を見る。二十歳過ぎで失踪した息子の夢だ。夢の中の我が子は幼い。「おかあたん」と言って、布団の中にもぐりこんでくる。「甘えん坊ね」と笑いながら抱きしめようとすると、すっと虚しく腕の中で消えてしまう。  あの子はもういないんだ、心臓を握りつぶされるような悲しみに驚き、時枝は目を覚ます。  枕もとの明かりを点け、時計を…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

歳(晦日走り)

 大晦日だった。父と母と祖母、そして僕の四人が、居間で掘炬燵を囲んでいた。  テレビは恒例の歌合戦を映している。その画像の色が薄い。あるいは白黒のような気もする。出て来る歌手の髪型が古くさい。こんなにつまらない番組に、なぜ父たちは夢中で見入っているのだろう。無理に起きている僕は、除夜の鐘が待ち遠しくて仕方なかった。  やっと司会…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西Ⅱ(青い時)

 なんてタイトルの本があった。  闇が降りてくる一瞬前の空。土曜、人待ちのあいだに気がついた。  この蒼さの遠くには海がある。鋭い三日月の下、鈍色の魚が泳ぐ海がある。味気ない新興住宅地にも、深く、夢幻に沈むときが訪れる。  まもなく人が来た。すっかり濃さを増した宵闇のなか、あたりさわりのないあいさつを交わした。車に乗ったあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

斎(首流し)

 紅葉を眺めそぞろ歩く人々のなかで、真っ白な風呂敷包みを抱いた母の姿は、あきらかな異様を呈していた。  僕は、その背に隠れるようにうなだれて後に従いた。  「ここじゃいかん、まだ先だ」独り言を呟きながら、ひと二人がやっとすれ違うほどの路を母はずんずんと進んでゆく。数限りない好奇の視線がその手元にぶつかるたび、僕の顔はますます地面…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

西(姉妹)

 妹は、ついに故郷に帰れなかった。  樹木の間から、ウメは西の空を仰いだ。 「五人きょうだいでのこったのはワシひとりか」  報せを受けたのは、告別式が済んで七日後のことだった。団地の自治会が執りおこなってくれたらしい。遺品整理の際にウメの住所が判ったそうだ。 「最期まで身寄りがないと思われとったんか。かわいそうになあ。だ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

再(イエ)

「あのイエは、どうしてこわさないの」息子が聞いた。 「イエのヒトたちが、また戻ってこられるようにのこしてあるんだ」と父親が答えた。 「イエのヒトたちはどこにいるの」 「ヤマにいるんだよ」 「ヤマでナニをしてるの」 「木になって、白い息になってソラに上り、雲になって、それから雨になって、またヤマに戻ってくるんだ」 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

画像倉庫の容量が残り少なくなった。 あと20枚もアップできるかどうか。 もともと保管庫代わりのブログだ。 テキスト記事はほとんどない。 日常的にここを見に来てくれる人は三人もいないだろう。 いっぱいになったら、もう更新はやめるつもり。 そのあとは、アルバム形式のコミュニティでのんびりやっていこうと思ってる。 (豊田…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

塔と百葉箱

夏の記憶がいっぱいあって載せきれない。 (東栄町立東部小学校跡, Olympus-S, G.Zuiko 4.2cm F1.8)
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ひとり歩き

振り向くはずないと思っていても、ノーファインダーで撮ってしまう。 (旧足助町, Okaya LordⅡA, Highcor C 4cm F3.5)
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

木道

写真屋さんからは「変わった写りですねえ」と不思議がられ、プリントを見た会社のカメラ仲間には「国産レンズじゃないよね」と言われた。 たしかに他のレンズとは描写が違う。 ソフトで補正をかける余地もないほど色レベル、コントラストレベルが高い。 当たった時のリアリティはすごいが、外れの多さもすごい。 安定して使いこなすには、まだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セードと窓

山道の途中にぽつんと立つレストラン。 コーヒー一杯で内部を撮らせてもらった。 (旧足助町御内, Okaya LordⅡA, Highcor C 4cm F3.5)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玄関

(旧下山村阿蔵小学校跡, Canon Canonet GⅢQL17, Canon lense 40mm F1.7)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿

(旧津具村, Olympus-S, G.Zuiko 4.2cm F1.8) ...
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫婦

別段、ドラマチックである必要はない。 (岡崎市, Canon Canonet GⅢQL17, Canon lense 40mm F1.7)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白昼

カラーフィルム用コーティングのない60年前のレンズなので、逆光や、斜め方向から入る反射光に弱い。 だが、その他の部分の発色は現代的で、充分な立体感もある。 ラストはマネキン熟女(?)のカルテット。 (旧下山村大沼, Okaya LordⅡA, Highcor C 4cm F3.5)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怖い道

対向車が来ないことを祈っていた。 (旧上矢作町達原, Olympus-S, G.Zuiko 4.2cm F1.8)
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

分教場

閉校昭和36年。 記念碑の建立趣意文には「限りない愛着と郷愁を籠めて分教場跡に記念碑を建て」と、刻まれていた。 (根羽村, 桧原分教場跡, Olympus-S, G.Zuiko 4.2cm F1.8)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メッセージ

拡大しないと読みづらいかな? (旧下山村立三巴小学校跡, Canon Canonet GⅢQL17, Canon lense 40mm F1.7)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more