斎(首流し)

 紅葉を眺めそぞろ歩く人々のなかで、真っ白な風呂敷包みを抱いた母の姿は、あきらかな異様を呈していた。
 僕は、その背に隠れるようにうなだれて後に従いた。 
「ここじゃいかん、まだ先だ」独り言を呟きながら、ひと二人がやっとすれ違うほどの路を母はずんずんと進んでゆく。数限りない好奇の視線がその手元にぶつかるたび、僕の顔はますます地面と向き合うのだった。

 長い石段を登りきると、紅や黄の濡れ落ち葉に屋根を染めた庵がみえた。散策路の終点だった。ひと息つこうという僕を尻目に母は庵を素通りし、低い垣を跨いで奥の雑木林に入っていった。
 小枝で蜘蛛の巣を払い、立ち木を躱しかわし歩くうち、せせらぎの音が耳元に迫るほど近くなった。朽ち倒れたカエデの巨木に行く手を塞がれた處で、肘でクマザサを分けながら川岸へと降りた。

 晩秋の渓流は、透き通るというより、乳色がかる碧に濁って見えた。
「ここだ」と、やや上流にいた母が声をあげた。足を滑らさぬよう注意しながら近づくと、川幅半分をせき止める大きな岩の下、ゆっくりと渦巻く淵を母は指差してみせた。
「なんで、こんなとこにするんだ」僕は責めるように訊いた。
「すこしでも長く見とれるから・・・・・・」消えいるような声で母は答えた。
「いまさら未練出してもしょうがないだろ。はやく済ませて帰ろまい」言葉の終わりで、僕は怒鳴りかけていた。
 しゃがみ込んだ母がもたもたした手つきで風呂敷の結び目をほどくと、眼を瞑った人の首が現れた。父の首だ。

 今日は父の十日祭、仏でいう初七日にあたる。
                         
 残りの身体はどうしたのか? 誰がいつ切り離したのか? 定かな記憶はまるで無い。ただ十日祭に、遺族は故人の『首流し』をする務めがある、という言い伝えだけが、不思議と心に刻まれていた。

 今際の際の蒼白さを留めた父の顔を、母はしばらく見つめていた。
「はよ、天の奥津城に送ってやろまい」僕が決心をうながすと、母は、前にならえをするように父を持つ両腕を差し出した。
「ごめんね、お父ちゃん」 
 母の手のひらから父がころんと落ちた。短い水音をたて、父はいったん深く沈んだが、すぐに面を上にして浮かび上がってきた。
 蒼白さが水の碧に溶け、硬直した輪郭が失われた。安らかな眠りをたたえた眼鼻口だけが、くるくると回りながら早瀬の方に引き寄せられていった。

 たすきがけの流れに乗り、しだいに小さくなる父の顔。すべての風景が消尽する彼方の一点で、その魂は故郷の山河と和解を遂げるのだろう。そして迷わずこの場所を選んだ母は、かってこの渓谷を父と訪れ、きょうの日の約束をしていたに違いない。

「ワシが死んだら・・・・・・」案の定、母が口を開いた。 
「おまえの手で、ここへ流してくれんかのう」
 何も聞こえない振りをして、僕は立ちあがった。
画像

(旧稲武町, Nikon D40 1013.14MB/1024MB)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年10月06日 00:17
うひゃ~、背筋が寒いですぅ。
2012年10月06日 02:48
今さっきグラッ!、地震で起きました。
秋田内陸部みたいです(+o+)

何か眠れない、さくさんの性かな、冗談だよー(^_^;)

現代でも亡くなった人が愛した場所に灰をまく人
います、私も山に骨をと、冗談に言う時ある。

こんな風習あったかも、似たような現実が今でも
年金受給であるし(-"-)

すみませんが明日は眠らせてね(^_^メ)
2012年10月06日 02:53
パソコンも寝ぼけてるみたいです(+o+)
2012年10月06日 12:45
写真、文筆もさすがですね。この鮮やかな朱色はデジでないとでませんね。throwing back the apple終章にむけてカウントダウンですか?
2012年10月07日 15:50
Canさん
自分ではホラーとかそういうつもりはまったくないんです。
でも、読んだ人によく怖いと言われました。
2012年10月07日 15:58
ようこさん
自分も、人生まっとうしたら故郷の土に還りたいです。
奥三河の山を歩くと、父や祖父母、子供の頃にあたりまえにいた近所のおじさんやおばさんたちと再会している気持ちになることがあります。
今夜はぐっすりお休みくださいな。
2012年10月07日 16:06
なぞのひとさん
デジタルの中ではこのD40というカメラが搭載している6M-CCDの描写が好きなんですよ。高画素センサーよりピッチに余裕があって、銀塩に近い露出が得やすいのがその理由です。
むかし書いた文章をさらすのは引け目も感じましたけど、最後となれば度胸も座ってきました。

この記事へのトラックバック