アクセスカウンタ

throwing back the apple

プロフィール

ブログ名
throwing back the apple
ブログ紹介
ただ一人に見てほしい写真を

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
散り際の雨
散り際の雨 画像容量に空きができたので久しぶりに… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/13 21:53
最(生きてるだけで)
最(生きてるだけで)  時枝はよく夢を見る。二十歳過ぎで失踪した息子の夢だ。夢の中の我が子は幼い。「おかあたん」と言って、布団の中にもぐりこんでくる。「甘えん坊ね」と笑いながら抱きしめようとすると、すっと虚しく腕の中で消えてしまう。  あの子はもういないんだ、心臓を握りつぶされるような悲しみに驚き、時枝は目を覚ます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 16

2012/10/09 21:19
歳(晦日走り)
歳(晦日走り)  大晦日だった。父と母と祖母、そして僕の四人が、居間で掘炬燵を囲んでいた。  テレビは恒例の歌合戦を映している。その画像の色が薄い。あるいは白黒のような気もする。出て来る歌手の髪型が古くさい。こんなにつまらない番組に、なぜ父たちは夢中で見入っているのだろう。無理に起きている僕は、除夜の鐘が待ち遠しくて仕方なかった。  やっと司会者が最後の歌手を紹介した。和太鼓の乱れ打ちに続き、物々しい演歌の前奏がはじまった。そこに突如、「わっ」というどよめきがかぶさった。蜜柑を剥きかけた祖母の手が止まり... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/08 18:54
西U(青い時)
西U(青い時)  なんてタイトルの本があった。  闇が降りてくる一瞬前の空。土曜、人待ちのあいだに気がついた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/07 16:09
斎(首流し)
斎(首流し)  紅葉を眺めそぞろ歩く人々のなかで、真っ白な風呂敷包みを抱いた母の姿は、あきらかな異様を呈していた。  僕は、その背に隠れるようにうなだれて後に従いた。  「ここじゃいかん、まだ先だ」独り言を呟きながら、ひと二人がやっとすれ違うほどの路を母はずんずんと進んでゆく。数限りない好奇の視線がその手元にぶつかるたび、僕の顔はますます地面と向き合うのだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 7

2012/10/05 22:14
西(姉妹)
西(姉妹)  妹は、ついに故郷に帰れなかった。  樹木の間から、ウメは西の空を仰いだ。 「五人きょうだいでのこったのはワシひとりか」  報せを受けたのは、告別式が済んで七日後のことだった。団地の自治会が執りおこなってくれたらしい。遺品整理の際にウメの住所が判ったそうだ。 「最期まで身寄りがないと思われとったんか。かわいそうになあ。だがワシも、そんな遠くまでよういけん。ここでかんべんしてくれ」  するとその呼びかけに応えるよう、手前の山の斜面から一条の靄が立ちのぼった。 「そうか、帰っ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/10/04 21:12
再(イエ)
再(イエ) 「あのイエは、どうしてこわさないの」息子が聞いた。 「イエのヒトたちが、また戻ってこられるようにのこしてあるんだ」と父親が答えた。 「イエのヒトたちはどこにいるの」 「ヤマにいるんだよ」 「ヤマでナニをしてるの」 「木になって、白い息になってソラに上り、雲になって、それから雨になって、またヤマに戻ってくるんだ」 「イエに戻るのはいつ?」 「お彼岸だよ。お彼岸には、ソラとヤマがいちばん近づくからね。みんな、そこでお休みをとることになっている」 「あのねえ……」と言い... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/03 21:44

続きを見る

トップへ

月別リンク

throwing back the apple/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる